excitemusic

岡田的フライフィッシング
by hiroshi_okada1
ICELANDia
カテゴリ
全体
O-REX
スペイキャスト
ソルトウォーターFF
イベント
お知らせ
釣行記
トーナメント・キャスティング
ロッド
ライン
フライタイイング

スクール
ネット
タイイング・ツール
その他
おすすめのもの
ツアー
フライ
未分類
お勧めサイト
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
home design ..
from home design id..
house renova..
from house renovati..
お悩みトラブルなんでも無..
from 総合救済センター
レッドパインドア
from レッドパインドア
スペイキャスト練習会
from FreQent SpeyFi..
Fly Casting ..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
3rd DAY : My..
from Fly Fishing in..
検索
その他のジャンル
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

フライフィッシング・イベントin名古屋スケジュール

a0021526_18133744.jpg

フライフィッシング・イベントin名古屋のスケジュールが決まりましたので、お知らせします。

アメリカ最大のフライフィッシング団体であるFFF(フェデレーション・オヴ・フライフィッシャーズ)の公認インストラクターによるキャスティング・レッスンやキャスティングデモ、それからタイイングデモやキャスティング・ゲームやビンゴなど盛りだくさん。

もちろん各社のロッドを思う存分験し振りをしていただけます。

入場は無料(駐車場代は別途¥500必要です)。

皆さん、是非遊びに来てください。

詳細はこちらを御覧下さい。
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2009-10-26 18:13 | イベント

そして大阪の夜は更けていく・・・

この度、FFFからCBOG(キャスティング・ボード・オヴ・ガバナー)に推薦された、東知憲氏の提案により企画、開催された、現在4人いるマスター・インストラクターが一同に会し、「キャスティングに興味のある方たちと、つれづれなるままに語り合いましょう」といった趣旨の内容のイベントが、マスター・インストラクターの1人である、筒井さんのお店『ドラグフリー大阪』で、予定どうり行われた。

ところで、東氏がこの度FFFより推薦されたCBOGとは・・・キャスティング・インストラクターのプログラムを運営する委員会と言うことで、その1員として選ばれると言うことは、たいへん名誉なことなのである。
これは他のインストラクターのように試験を受けて、それに受かればなれると言うものではなく、それまでの実績を評価され、他のCBOGの推薦によってなれるものなのである。
日本人がそれに選ばれるのは、もちろん初めてのこと・・・東さん、おめでとうございます。

a0021526_23565182.jpg

会はその日本人初のCBOGである、東氏が司会進行する形で、和やかにそして"ユルイ"感じで始まった。
a0021526_055967.jpg

いざ始まってみると、当初予想していたよりも、熱く活発な議論が交わされ、たいへん盛り上がったものとなった。
事前に予定していた"お題"の半分も消化しきれないままに時間はドンドン過ぎて行き、このままでは『朝までナントカ』になってしまいそうだと言うことで、適当な時間に切り上げ、その後は近くのお好み焼き屋さんで2次会へと突入。

その後東氏と何人かの方たちは翌日はスクールを控えていると言うことで、帰還。
私たちは"殺ジン・トニック"なるもの(こんな飲み物がメニューにあるというわけではなく、皆さんがつけたニックネームなので、念のため・・・)を出してくれると言うバーへと雪崩れ込む。

そして気がつけば、朝?の4時。
このままでは寝る時間が無くなる!!!と言うことで慌てて宿へと期間。

a0021526_081591.jpg

こちらは、その会が始まる前、早く着きすぎたので、近くの『三角公園』でたこ焼きとビールを買って腹ごしらえしたときの、たこ焼き屋さんの様子。
さすが、大阪。粉もののレベルは高い!!

なんとも楽しくも、ハードな大阪の夜だった。
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2009-10-23 00:16 | イベント

今度はこんなロッドを・・・・

H.Okadaロッドとして、今度はこんなロッドを作ってみました。

a0021526_0124943.jpg


11’4”#4/5、4ピース。シングルハンドとしても、ツーハンドとしても使えるスウィッチロッドです。

小規模の本流や管理釣り場などでも、使い勝手が良いのではないかと思います。

詳しくは当ホームページを御覧下さい。
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2009-10-13 00:18 | ロッド

蜂蜜

先日、我が家へ蜂蜜が届いた。

送り主は奥飛騨の名川、蒲田川がある栃尾の『宝山荘』。

以前、偶然にもこの地でニホン・ミツバチの分蜂に立ち会ったことを書いたが、そのときのミツバチから蜂蜜が採れたとこのことで、わざわざそれを送っていただいたものだ。

a0021526_21265786.jpg


ラベルを見て、なんだか気恥ずかしくなってしまった。
これを読むと、なんだか、凄いことをしたように思われてしまうかもしれないが、私はただ、傍らで見ていて、皆さんが見失ったのを「あれじゃないですか?」と指差しただけのこと。

何はともあれ、ありがたく賞味させていただくことにした。
これまで食べたことがある外来のミツバチのものよりも、サラッとしてスッキリした後味でありながら濃厚である。
現在では外来の主に押され、数が少なくなってきている天然のニホン・ミツバチの蜂蜜(その外来種も近年では激減しているそうではあるが・・・)。
大切にいただきたいと思う。
浩二さん。ありがとうございます!!
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2009-10-09 22:06 | その他

凄いぞ日本人!!

10月3,4日に行われた『2009 JCA Anglers Class Master's International Casting Competition』。

昨年に続き、今年も外国からの招待選手も多く来日し、盛況のうちに終わった。

今年来日した外国選手は
昨年も来日し、日本人スペイキャスターに大きな影響を与えた、チーム・キャロンの
a0021526_9492454.jpg

James Chalmers
a0021526_9501217.jpg

Ruari Costello
a0021526_9504125.jpg

そして、皆さんご存知Gordon Armstrong
の3人に加えて、

今年初来日、そして今年2009年のCLAでゴードンを押さえ、優勝したノルウェーの
a0021526_9522470.jpg

Tommy Aarkvisla
そして、同じノルウェーからはもう1人
a0021526_9554811.jpg

Mathias Lilleheim

それからアメリカ、サン・フランシスコからは日本でもおなじみ、GGACC(ゴールデンゲート・アングリング&キャスティング・クラブ)主催のSpey-O-Ramaの運営に尽力されている
a0021526_1015382.jpg

Donna O'sullivan(写真左。右は女子の部優勝の井上貴子さん)
の6人。

この2日間、競技はもちろん、各デモンストレーターによるデモやロッド・メーカーの験し振りなど大いに盛り上がった。

中でも、もっとも盛り上がったのはスペイ競技18ftクラスで、なんと!!
日本人並み居る強豪を抑えて日本人が優勝したことだろう。
山根正則さん。
ファイナルで山根さんは最後の投擲。
それまでは、その山根さんの前に競技を終えたゴードンが1位だった。
16ftクラスは惜しくもローリーに破れ2位となってしまったが、18ftはやはり順当にゴードンが優勝かな?
と皆が思っていたに違いないのだが・・・
この山根さん、序盤では緊張のためか日頃の調子が出せず、苦しんでいた様子だったものの、その後の2投で優勝を決めてしまった。時間はまだあったものの、それ以上は投げる必要も無く競技終了。
その瞬間、大歓声が起こったのは言うまでもない。

a0021526_10152763.jpg

a0021526_10154040.jpg

表彰式の後は、例によってシャンパンファイトが行われた。

が・・・今回は日本人初の優勝という大快挙。それだけでは収まらない。
皆からはビールを思いっきり掛けられ、その後・・・
a0021526_10173165.jpg

プールに投げ込まれてしまった。

a0021526_10191178.jpg

ビショビショになってプールから上がると、今度はキャロン・チームからは祝福の肩車が待っていた。
ゴホゴホとむせながらも、いかにも満足げな良い顔をされてる。

山根さん。本当におめでとうございます!!
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2009-10-06 10:27 | イベント

名古屋初のフライフィッシング・イベント

a0021526_0165183.jpg

昨年より冬季キャスティングの練習のために、その施設を無料開放していただいている『サンビーチ日光川』。
緩やかなスロープを持つ大小あわせて3つのプールがあり、オーバーヘッドはもちろん、スペイキャストの練習場としても申し分ない。
今年も10月より使用させていただけるとのこと。
練習場所を探すのに苦労している私たちには、たいへんありがたいことである。

その『サンビーチ日光川』で、名古屋初となるフライフィッシングのイベントをやろうと言うことになった。

日時は11月7、8日の2日間(10:00~16:00)。
この広大な施設で、O-REXやK-BULLET、T&T、SAGEなどのロッドを験し振りが出来る他、各社のデモンストレーターによる、デモンストレーションやタイイング・デモ、景品つきのキャスティング・ゲームやビンゴ・ゲームなども予定されています。
予定されているデモは、私岡田の他に、杉坂研治、杉浦雄三、鈴木寿の各氏。

入場は無料です。(駐車場¥500/台)

皆さん、お誘い合わせの上、ご来場をお待ちしております。

詳細についてはこちらもご覧ください。
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2009-10-02 00:33 | お知らせ

2009年最後の・・・

気がつけば今年の渓流シーズンも、もう終わりを告げようとしている。

例年であれば、たいして気に留めることもなく、そのままにしていたのだが、今年はなんとなくうら寂しいきがして、禁漁前に川へ行っておこうと思い立ち、富山の川へ行ってきた。
・・・・これも歳のせいであろうか?はたまた、例の"呪い"のせい?でことごとくハズシてしまっているためか、シーズン最後ぐらいは良いイメージで終わりたかった。

そう思っていたところに、直近の良い情報が入ってきた。とあるダムの流れ込みで良型のイワナがミッジやアントを捕食してライズしており、よく釣れているとのこと・・・。

それではと、朝一に本流筋の大型ニジマスを"やっつけて"その後、そのイワナを釣ってやろうと、勇んで出かけてみた。

朝一のそのポイントは、上流の放水に大きく影響される。
その日はこれまで見たことが無いほどの渇水。
普段であればかなりの勢いで流れている川が、ほとんど流れていない。
・・・なんだか釣れる気がしない。
少し上流の対岸にもフライロッドを持っている人がいるようだが、釣れている様子は無い。
私のほうも、極々小さいニジマスを1尾釣ったのみ。
それではと、本日本命のポイントへ移動することにした。

かなりの悪路に四苦八苦しながらも何とかたどり着いたものの前線の影響か、かなりの強風がめまぐるしく方向を変え吹き荒れている。
すでに2人ほどフライロッドを振っていた。
1人は流れ込みから川へ釣り上がり、もう1人は湖に立ちこみ、釣りをしている。

私はCircusに新しいテスト・サンプルのシューティングヘッドをセットし、ミッジ・ピューパをキャストしてみることにした。

しばらく釣りをするものの、どうも釣れる気がしない。
先にいたフライマンもどうもあまり芳しくない様子で岸づたいに私の方へ近づいてきた。
情報収集をかねてその人と、挨拶をしようとしてそちらを見ると、見たことのある顔。
岐阜県で管理釣り場を経営しているMさんではないか!!
よくよく話を聞くと朝一、私の上流で釣りをしていたのもなんと、この人だった。
「行動パターンが同じだねぇ」
「これからどうするの?」と聞かれ、この様子ではここで粘ってもあまり良い気がしないので、渓流へ行って見ようというと、「一緒に行く?」とありがたいお誘い。
私などよりも遥かに釣り場の情報に詳しいこの人のお誘いを断る理由はあるはずも無く、是も非も無くお願いすることにした。

そこは、その川で釣りをしたことはあるものの、当然のごとく私にとっては初めての場所だった。
聞くと良型のヤマメが釣れるとのこと。
まだ日が高いのでライズまでは時間がある。私は少しドライフライで釣りあがって見ることにした。
相変わらず強風が吹き荒れている。
渓流ようのタックルを#0.5しか持ってこなかったことを後悔し、四苦八苦しながらも、何とか22~3センチほどのイワナを釣ることが出来た。
a0021526_052222.jpg

しかしこの川のポテンシャルはこんな物ではない。
狙いは40センチのヤマメ50センチクラスも夢ではないとのこと。

日が傾いてくる頃、ライズが頻繁に見られるようになってきたが、なかなかフライには反応してくれない。
付けているフライが大きすぎるのではないかと、#16のCDCダンから#20のミッジ・ピューパに使えようとしたのが運のつき。
―――活発に続くライズを横目に、フライを結ぼうとするのだが、それがなかなか結べない。
・・・歳はとりたくない!!
それでも何とか結び終え、フライがほとんど見えなくなった中、やっとな思いで掛けた魚が小さな小さなヤマメ。

結局今年の釣りは良いとなし。

この"呪い"が来年に持ち越さないことを、切に祈りながら終わることとなった。
でも、川は終わってしまったけれど、2009年はまだ3ヶ月も?ある。川以外に期待をすることにしよう。

Mさん。いろいろありがとうございました。
その後の釣りはどんな按配でしたでしょうか?
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2009-10-01 00:26 | 釣行記