excitemusic

岡田的フライフィッシング
by hiroshi_okada1
ICELANDia
カテゴリ
全体
O-REX
スペイキャスト
ソルトウォーターFF
イベント
お知らせ
釣行記
トーナメント・キャスティング
ロッド
ライン
フライタイイング

スクール
ネット
タイイング・ツール
その他
おすすめのもの
ツアー
フライ
未分類
お勧めサイト
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
home design ..
from home design id..
house renova..
from house renovati..
お悩みトラブルなんでも無..
from 総合救済センター
レッドパインドア
from レッドパインドア
スペイキャスト練習会
from FreQent SpeyFi..
Fly Casting ..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
3rd DAY : My..
from Fly Fishing in..
検索
その他のジャンル
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

朱鞠内スペイ競技2009の翌日

朱鞠内スペイ競技の翌日は「どこでも良いから何か釣らせてチョウダイ。」とお願いしていた。
私の我がままに、朱鞠内漁協の中野さんと名寄でガイドとショップを営んでおり、今回の競技では最長記録を打ち出した千葉さんが朱鞠内をいろいろリサーチしていただいていたのであるが、ここのところの雨続きでかなりな増水。あまり芳しくないとのこと。

それなら、少し早いが海のサケを釣りに行った方が良いだろうということで、旭川在住のIさんにオホーツクの海へと連れて行っていただいた。

翌日は風が強く、多くのポイントで底荒れしており、状況はよくない。
途中お会いした”オジサン”もがっくりと肩を落としている。

a0021526_211956.jpg

そんな中で唯一穏やかなポイントを発見。
『Orca』に『Ace Short』をセットして釣りを始める。
朝方は魚の数は多くは無いものの、魚の気配はある。
事実、フライへの多少の反応はあるもののフッキングには至らない。
そうこうしているうちに、潮が引き始め沖で跳ねているサケに近づくためのウェイディングが可能となってきた。
勇んで沖へ行き、キャストをはじめると、次第に風が強まり、波も高くなってきた。
a0021526_254923.jpg


これはダメだと、海に見切りをつけ川へ行くことにした。
しかし、どこも増水気味で打つ手が無い。
渚滑川へ行ってみることにした。
状況は決して良いものではなかったが、何とか小さめのニジマスが相手をしてくれた。
a0021526_1533386.jpg

しかし、北海道はスペイ・フィッシングを楽しめるフィールドがなんと多いことか。
この川なども、ライトなスペイロッドで釣りをするのにうってつけである。
ちなみにこのとき私が使用していたロッドは12’ #6/7の『Circus』と自作のスカジットライン。

a0021526_2121783.jpg

時にはこんなポイントもあり、限られたスペースをどう攻略するか・・・・それに頭を悩ますものなんと楽しいことか!!

その日の夜は旭川の湊釣具さんとそのお客さんたちと皆さんと楽しい”宴”を・・・。
朝の4時ごろまで、タップリと楽しませていただいた。
a0021526_15345164.jpg

a0021526_15364991.jpg

・・・皆さん、ありがとうございました。
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2009-08-29 02:24 | 釣行記

朱鞠内スペイ競技2009

今年も北海道、朱鞠内湖でスペイキャストの競技が行われた。
時は8月23日。
前日の22日はO-REX、CND、TSRなどのロッドの試投や、私と野寺さん根津さんコンビと、杉坂隆久さんのスクールなどが行われた。

そして、その夜は恒例のジンギスカンを囲んでの懇親会。
a0021526_1211453.jpg

a0021526_12123923.jpg

この方たちもスッカリ楽しんでおられたご様子。もちろん私も・・・

翌日の競技は、時折激しく振る雨や、複雑にそしてめまぐるしく方向や強さが変わる風に翻弄されながらも、たいへん盛り上がる大会となった。
a0021526_1214187.jpg


a0021526_1216452.jpg
a0021526_1217324.jpg


















こんなハプニングがありながらも、このお二方は脅威的な記録を残した。
・・・かないませんねぇ・・・・。

a0021526_12183316.jpg

16ft以下クラスの上位入賞者はこちら。
左から1位、順番に6位まで。

a0021526_12192129.jpg

18ft以下クラスの入賞者はこちら。

a0021526_12195259.jpg

そして、今回の16ft、18ftを通しての最長飛距離はこの人・・・。
16ftで58メートルと言う、とんでもない記録でした。
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2009-08-28 12:24 | イベント

やはり"祟り"?

a0021526_1374583.jpg
7月の泊りがけ浜名湖釣行のあと、2週続けて、またしても、性懲りも無く、"浜名湖詣で"を続けてしまった。
泊りがけ釣行の翌週の釣行では、皆それなりに魚は反応してくるものの、結果は惨敗。
Iさんのみが何とか1枚釣り上げたのみであった。

その時、私はある重大なことに気がついた。
皆取り込みにはいたらないものの、一旦はフッキングしたケースが何度かあるのにもかかわらず、私にはそれが無いと言うことにだった・・・。
私の場合、「これはかなり期待できる!!」と言う反応があっても、かすかに魚が触れたと言う程度の、極わずかな感触しかなかったのである。

この違いは何だ?私は何か決定的に"マズイ"ことをしているに違いない。

そこで私はハタと気がついた。
他の皆はMさん開発の『プローン・ポッパー』を使用している。
私は毎回少しずつ手を加えながらも、オリジナルのポッパーを使用している。
その間に何か決定的な違いがあるはずだ・・・。
フッキングの要はやはりフック。
『プローン・ポッパー』はトリプルフックをフリーに取り付けている。
私は今年のはじめからシングルフックをチューブに固定して使用していた。

私はトリプルフックがシングルフックよりもフッキングにおいて勝っているとはどうしても思えない・・・となるとフックの取り付け方法に問題があるのであろう。

―――と言うわけで、フライをフリー・フックにして単独で釣行を決行。
今回は私1人なので、オカッパリで釣ってみることにした。
朝一で入ったポイントは濁りが気になったが釣りを続けると小さなセイゴが掛かってきた。
やはりフッキングの性能は固定式よりもフリーにした方が格段に高いようである。
「これならいけそうだ!!」と思っていると、流れもが増えてきて釣りづらくなってきたので大きくポイントを移動してみることにした。

良さそうなポイントにめぼしをつけ、釣りを始めると・・・・
なんと、あろうことか、日が昇り、暖かくなってくると・・・・
家族づれの海水浴客や、アサリ掘り、それからボートやジェットスキーなどが続々と・・・・。
そういえばこの日はお盆。
故郷へ帰省した家族や観光客が、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんに連れられ皆遊びに来ている様子。

そうなると全く釣れる気がしなくなってきた。

・・・アァ・・・完全にたたられているな・・・・俺。
[PR]
by HIROSHI_OKADA1 | 2009-08-21 01:38 | 釣行記