excitemusic

岡田的フライフィッシング
by hiroshi_okada1
ICELANDia
カテゴリ
全体
O-REX
スペイキャスト
ソルトウォーターFF
イベント
お知らせ
釣行記
トーナメント・キャスティング
ロッド
ライン
フライタイイング

スクール
ネット
タイイング・ツール
その他
おすすめのもの
ツアー
フライ
未分類
お勧めサイト
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
home design ..
from home design id..
house renova..
from house renovati..
お悩みトラブルなんでも無..
from 総合救済センター
レッドパインドア
from レッドパインドア
スペイキャスト練習会
from FreQent SpeyFi..
Fly Casting ..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
3rd DAY : My..
from Fly Fishing in..
検索
その他のジャンル
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

久しぶりの・・・・

先日久しぶりに釣りに行ってきた。

友人の信じられないような好釣果を聞きつけ、いてもたってもいられずの決行である。

そこには以前1度行ったことがあったあったのだが、その場所はうろ覚え。
マァ近くまで行けば思い出すだろうと、安易な気持ちで向かったはいいが・・・・。

結局、右往左往して到着が遅くなってしまった。
そこは朝の一時が勝負の場所。

結局、そこでは満足に釣りをすることもできず終了。

まったく、我ながらのツメの甘さと、方向音痴、記憶力の無さにはあきれたものである。

さて、どうしたものか・・・・。

朝が早かったこともあり、少し昼寝をして考えをめぐらすことにした。

結局、全くの別水系、本流の夕方にかけてみることに・・・・。

いくつかのポイントをめぐりながら、流してみるが無反応。

最後のポイントで23センチほどのアマゴを手にすることができた。

この時、使ったロッドは13'6"、#7/8/9のカリバーン。
使っているロッドの割にはチョット小さいが、まぁ何も無いよりはましか?

一旦川岸に上がり1休憩。

まだ暗くなるには少し時間がある。

そのうち、あたりを飛び交う虫の量が増えてきて、ヒゲナガも姿を見せ始めた。

何気に水面を見ていると、あたりでライズが始まった。
ライズを見る限り、それほど派手なライズではない。
きっと、さっき釣ったぐらいのサイズの魚がライズをしているのだろうと、軽い気持ちでフライをキャストしてみる。
距離は岸から直ぐそば。私からの距離にして10メートルも無い。
カリバーンを使うにはあまりにも近すぎる距離である。

ライズの少し上流にウェットフライを投入後、フライを流し込むと、直ぐに反応があった。
軽く聞き合わせをすると、思いのほかの重量感。
a0021526_2222918.jpg
釣れたのは、なんと、ブラウン。このあたりでブラウンが連れるとはあまり聞いたことが無い。
サイズは40センチほどだろうか?
思わぬ相手に少々戸惑いながら、とりあえず写真を撮ろうとするが、もうあたりは暗くなってきており、ファインダーの液晶はほとんど用を成さない。
しかもまだライズは続いている。
感でシャッターを押し、すぐさま釣りを続ける。

別のライズにフライをキャスト、送り込むとまた直ぐに反応してきた。
a0021526_2283568.jpg

今度はレインボー。さっきよりは少し小ぶりながらも、なかなかのコンディション。
写真を撮り始めたら、今度は電池切れ。

結局、ロクな写真を撮ることができなかった。

この日はいろいろ慌しく、お間抜けな日ではあったが、
結局、最終的には久しぶりに、なかなか楽しい釣りになった。
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2008-05-21 02:39 | 釣行記

spey-o-rama 2008番外

少し間が開いてしまったが、Spey-O-Ramaの番外を少し・・・・。

a0021526_23461458.jpg

今年はアトラクションで、ハワイアンダンスが・・・・。

a0021526_23493488.jpg
蟹に夢中のサイモンとグレン。


a0021526_23483333.jpg
その後、お気に入りの"帽子"を頭に、ご満悦のお二人。











a0021526_2353914.jpg

仲の良いゴードン後夫妻。


イベント最終日の翌朝。
私は1人、ホテル前のサーフで釣りをしてみた。
a0021526_23542979.jpg

ここでは、サーフ・パーチなる魚が釣れるとのこと。また、運がよければ、少し時期は早いが、ストライパーも・・・。
今回は、マァ、準備不足と言うことで・・・・。

a0021526_23592186.jpg

帰り際、パーチを釣りに来たという餌釣りのオジサンと記念撮影。

最後は、めったに見られない"お宝映像"を・・・・。
a0021526_013177.jpg

元バスマンだったと言う、マットさんのベイト・キャスティングの妙技。
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2008-05-20 00:02 | イベント

今年の馬瀬川は・・・・

この数年来、毎年講師をさせていただいている岐阜県馬瀬川の「フィッシング・アカデミー」。

今年は昨年までと少し趣向を変えて1日だけの、しかも釣り大会になります。

時は5月24日、午前9時から午後4時までの開催です。

参加費は¥3,000。
定員は15名。
申し込み受付は5月20日までです。

皆さん、ふるってご参加の程を・・・。

詳細はこちらを御覧下さい。
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2008-05-11 01:38 | イベント

spey-o-rama 2008その3

スペイ・オ・ラマと言うと、とかくキャスティングのデモや競技がフィーチャーされがちだが、それだけではない。

Paul D. MillerとCharles P. Anthonyの両氏は毎年このイベントに参加、その作品を展示し、タイイングのデモをしてくれている。

a0021526_1162299.jpg

a0021526_1132630.jpg

上がPaul D. Millerとそのフライ。イントルーダーの様にシャンクの後ろにファイア・ラインなどでループを作り、その後ろにショートシャンクのシングルフックを取り付けたフライを主体にしている。彼の場合、メインのシャンクにはウォディントンシャンクではなく、通常のサーモンフックにタイイングをし、完成後そのベント部分でフックをカットしている。

a0021526_1172264.jpg

それから、こちらがCharls P. Anthony。トラディショナルなスペイフライのタイイング・デモを見せてくれた。

そして今回、Tyler Kushnirが彼のオリジナルフライを見せてくれた。
a0021526_1205245.jpg

これはもう、フライと言うよりも、リグといった方が的確かもしれないが、たいへん興味深いものだった。
(後日、このリグ・フライのオリジネーターは彼のAl Buhrだと言うことをある方から教えていただきました。ここに訂正させていただきます。kさん、ありがとうございます。)

3人ともそれぞれ特徴的で個性があり興味深かった。

それぞれの作風を絵画にたとえれば、Charlsのがルネッサンス期の古典的手法で書かれたもだとすれば、Paulのはフォービズム、Tylerはモダン・ポップアートといったところであろうか・・・・。
私の個人的な好みとしては・・・型にとらわれないポップアートが好きかなぁ・・・・。
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2008-05-06 01:36 | イベント

spey-o-rama 2008その2

スペイ・オ・ラマの続きを・・・・・。

いまやこのイベントの目玉の一つとなっている、スペイキャストの競技。

それに参加すべく、日本からも多くのキャスターが「我こそは・・・」との意気込みと共に参加した。

昨年も日本人キャスターの活躍はすばらしいものがあったのだが、今年は"まさか"の大ニュースが!!
私たちと同行した女性キャスターが優勝してしまったのだ!!

やる気と闘志、そして野心ムンムンの男どもを尻目に、競技などに出場するきなど毛頭無く、当日皆に進められるまま、半ば"イヤイヤ"の出場にも関わらず・・・である。

その人の名は―――井上貴子さん。

いずれにせよ、快挙であることは間違いありません。

おめでとうございます。

a0021526_2381010.jpg

こちらがその井上さん。旦那さんの忍さんもいわずと知れた1,2を争うスーパー・スペイキャスター。今回の競技も日本人最高位の6位。
ご夫婦揃って仲のよろしいことで・・・・にくいよ!!コノ。

a0021526_2415756.jpg

こちらがそのリザルト。
a0021526_2422849.jpg

男子はこちら。

a0021526_243915.jpg

沢山の商品とお酒に囲まれて"ご満悦"のご様子のy氏。
[PR]
by hiroshi_okada1 | 2008-05-01 02:46 | イベント