excitemusic

岡田的フライフィッシング
by hiroshi_okada1
ICELANDia
カテゴリ
お勧めサイト
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
home design ..
from home design id..
house renova..
from house renovati..
お悩みトラブルなんでも無..
from 総合救済センター
レッドパインドア
from レッドパインドア
スペイキャスト練習会
from FreQent SpeyFi..
Fly Casting ..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
3rd DAY : My..
from Fly Fishing in..
検索
人気ジャンル
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

日本海イナダ釣り

先日、友人に誘われて、日本海は新潟方面へサーフのイナダ釣りに行ってきた。

片道5時間以上、日帰り釣行には少々きつい距離ではあったが、以前より興味があった釣りであったため、この誘いにのることにした。

久しぶりのサーフでの釣り、年間何度もしているわけでもなく、恵まれた釣果を経験したことがあるわけではないのだが、この釣りには限りない可能性と魅力を感じている。
怒涛のように寄せては返す波頭に向かって果敢に挑むこの釣りはなんとも"男らしい"。
いかにもチャレンジしていると言う気分に浸れるのである。
a0021526_0401716.jpg

そして何より、O-REXの新作『シー・クルセイダー』の効果を試すのにも、またとないチャンスである。
元来、寝ずの釣行と言うのは好きではないのだが、久しぶりに"うきうき"した気分である。

途中、長野県にあるフライショップ『ビーチフォレスト』の稲田さんと落ち合い、現地を案内してもらった。

稲田さんは、毎年この時期には日本海のビーチでイナダ釣りをしてこられており、釣果も上げられている。

a0021526_005969.jpg

薄暗いなか現地に到着、仕度をし浜へ繰り出すとすでに数人のルアーマンが釣りをしていた。
急速に明るくなる中、ボイルはないかと探す。

しばらくして沖合いでボイルを発見。しばらく眺めていると、波打ち際で1羽の鳥が水面に突っ込んでいる。これはもしかして?とそちらへ近づいていくと、ボイルが射程距離内で起こりだした。

そうなると、もう皆冷静ではいられない。「あっちへ行った、こっちに向かった」と大慌て。
キャストが乱れがちになりながらも何とかそのボイルに投げ入れようと皆必死である。
気が付くとフライは"ボロボロ"。久しぶりに味わう感覚である。
結局そこでは何も釣り上げることはできず、近くにいたルアーマンが1~2本ほど釣ったのみ。
ソーダ鰹の群れだった。

その後しばらく釣りを続けたが、芳しくないので、少し場所移動をすることにした。

そこでも目立ったボイルは見られなかったのだが、とりあえず釣りをすることにした。
何事も起こらないまま、半ば惰性で釣りを続けていると、私の後ろで声が・・・・

振り返ると、同行のMくんのロッドが曲がっている。
まさか!?と思って見ていると、なんと・・・
a0021526_0195061.jpg

こんな結果に・・・。

その後M君はもう1本追加、その後も何度かバラしている。

私を含め、その他には一切何も無い。当然「どうして?」と疑問が頭をもたげてくる。
根掘り葉掘り聞き出し、それを元に試行錯誤すること暫し・・・

程なくしてこの釣りに誘った張本人、S君が魚を掛けた。
「・・・・うそー!!」と思っていると上がってきた魚が妙に小さい。

河豚であった。皆で大笑いしながら釣りを続けるが、私にはその河豚のあたりすらない。
少々あせりを感じていた。

その後ほど無くして私にも待望のアタリが・・・
a0021526_0324612.jpg

おかげさまで何とか・・・
a0021526_0331478.jpg

イナダと言うにも少々小さいかもしれないが何とか・・・

昼を少し回ったころ、おなかもすいてきたことだし、釣りを切り上げ、食事をすることにした。
稲田さんに蟹を食べに行こうと誘われ、そうすることに・・・・

わけも分からないまま後についていくと、突いた先は『道の駅』。
そこには地元の漁師さんたちがお店を出しており、そのうちの一軒で蟹を買い、それを持って海辺で食べるのであった。
a0021526_0434944.jpg

私たちが買ったのは1ぱいなんと¥500。それを人数分4はい買った。
a0021526_044696.jpg

この日は天気も良く、海辺で食べるには絶好の日和。

a0021526_0465570.jpg

ここには魚屋さんも出ており、ちょっと物色。

今回釣れたのは小型のものばかりだったが、45センチくらいのものまでは釣れるとのこと。
今度はそのサイズを狙いにまた来たいものだ。
何より、この釣りは、あの波と戯れる感じがなんともいえず楽しい。
by hiroshi_okada1 | 2007-10-27 00:58 | 釣行記

JCAアングラーズクラス・マスターズ・コンペティションその2

2日目は会場を本栖湖湖畔に移し、スペイキャストの競技。
相変わらず、この競技はたいへん人気があり、参加人数は16フィート、18フィートクラスともにほぼ定員の約50名づつ。
記録的にもすばらしいものだった。

a0021526_121738.jpg

湖畔に特設のプラットフォームを設置しこのような様子で行われた。

a0021526_1141100.jpg

こちらは今回16ft、18ftクラスともに優勝を果たした小野さんのキャスト。確かな理論に裏打ちされたテクニックと恵まれた体格によるパワーを兼ね備えた天才肌のスーパーキャスターである。後ろに控えるのは16ftクラス6位、18ftクラス2位の井上さん。

a0021526_1193813.jpg

a0021526_1201536.jpg

こちらは私のキャスト風景。

a0021526_1223944.jpg

16ftクラスの入賞者たち。

a0021526_123962.jpg

18ftクラスの入賞者たち。

a0021526_1243273.jpg

私は今回、何とか16ftクラスで4位に入賞することが出来た。
by hiroshi_okada1 | 2007-10-21 01:26 | トーナメント・キャスティング

JCAアングラーズクラス・マスターズ・コンペティションその1

去る10月13(土)、14(日)の2日間、本栖湖で「JCAアングラーズクラス・マスターズ・コンペティション」なるものが行われた。

初日の13日はオーバヘッドキャストの競技。
シングルハンドの#6、#8クラスとダブルハンドの#10、#13クラス、そして今回はスペシャルゲストとして、かのスティーブ・レイジェフ氏が訪れると言うことで、トーナメントクラスの第2種、シングルハンドディスタンスが行われた。
a0021526_129316.jpg

スティーブのキャストはいつ見ても圧巻。他を圧倒するものが有る。それはもう、上手いなどと言うのを通り越して凄いという言葉が最も適当なのではないだろうか?
#8のシングルハンドで50数メートルと言う記録を"あっさり"と出してしまい、皆の度肝を抜き、
最後に行われたトーナメントクラス第2種では、68メートル近く投げきった。これは、この日の日本人の最高記録に10メートル以上の差をつけての圧勝。その凄さをあらためて思い知らされた。

a0021526_1365355.jpg

これは私のキャスト風景。スティーブのそれと比べると、下半身のなんとも安定していないこと・・・・。最近特にシングルハンドがおろそかになっている。少し練習しなくてはと反省しきりである。

a0021526_1404185.jpg

私はこの日、ダブルハンド#10クラスで何とか3位に入賞することが出来た。

a0021526_1415279.jpg

競技終了後、スティーブは皆からサイン攻めに・・・・。

a0021526_1422664.jpg

私も"ちゃっかり"カップにサインをおねだりしてしまった。

このときの様子は、
JCA公式ウェブサイトも御覧下さい。
by hiroshi_okada1 | 2007-10-20 01:46 | トーナメント・キャスティング

ソルト・ウォーター用ツーハンドロッド

ここのところ、ブログ更新が滞ってしまった。

新製品のソルト・ウォーター用ツーハンドロッドのブランクが上がってきて、予約受注分の製造に追われていたのが理由の1つ(生来の怠け癖がその最大の理由ではあるが・・・)。

以前より"それとなく"触れてきたが、ここでご紹介を・・・・。

11フィートと言うツーハンドロッドとしてはかなり短めのこのロッドは、主に以下の利点がある。

力の強い海の魚とのファイトには、長いロッドは釣り人の体に大きな負担が掛かるが、このロッドなら8フィートのシングルハンドよりも楽にファイトすることができる。

1日中キャストし続けることが強いられる、黒鯛のポッパー釣りやサーフでの釣り、あるいはロールキャストが多用される漁船をチャーターしてのオフ・ショアフィッシングなどでは、このツーハンドロッドはシングルハンドロッドよりも遥かに楽に釣りをすることができる。

強風が吹くことが多い海の釣りでは、長いツーハンドよりも風の影響を受けにくい、低く速いスピードのラインのキャストがシングルハンドロッドよりも楽に、そして効果的に行うことができる。

また、このロッドは低弾性、中弾性、複数の異なった素材を複雑に組み合わせることにより、強い海の魚のファイトに耐える粘りと、強風にも負けない速いラインスピードを実現する。

・・・・といった感じです。

シリーズ名はシー・クルセイダー
#8/9のDelphis(デルフィス)#10/11のOrca(オルカ)が発売です。
そして先ずは今回#8/9のDelphisが出来上がりました。
価格は¥65,100(税込み)です。

a0021526_1265141.jpg

by hiroshi_okada1 | 2007-10-17 01:30 | O-REX

ホームページ

この度、たいへん遅ればせながら、ホームページなるものを開設しました。

最近ブログの更新がおろそかになりがちだったのも、これのためなる部分が大でした。
・・・たいへんご迷惑をおかけしました。

プロの方にアドバイスをいただきながらとは言うものの、なにぶん基本的には素人仕事。
お見苦しい部分が多々あることとは思いますが、皆様に御覧いただけたら幸いです。
by hiroshi_okada1 | 2007-10-04 02:48 | お知らせ

先週に引き続き・・・・

突然ではありますが、先週に引き続き10月8日(月)、お客様のリクエストにより、急遽名古屋市でスクールを行います。

内容はスペイキャストとご要望により、オーバーヘッドキャストもさせていただきます。

料金は前回同様、今回もお客様に決めていただこうと思います。

残り日数が少ないのですが、みなさまのお問い合わせ、お申し込みをお待ちしております。

ご連絡は下記までお願いします。

e-mail:okada@blood-knot.com
℡/Fax:052-703-6009
携帯:090-8188-2990
by hiroshi_okada1 | 2007-10-01 15:09 | スクール