「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

岡田的フライフィッシング
by hiroshi_okada1
ICELANDia
カテゴリ
お勧めサイト
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
home design ..
from home design id..
house renova..
from house renovati..
お悩みトラブルなんでも無..
from 総合救済センター
レッドパインドア
from レッドパインドア
スペイキャスト練習会
from FreQent SpeyFi..
Fly Casting ..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
3rd DAY : My..
from Fly Fishing in..
検索
人気ジャンル
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

新シリーズ

O-REXスペイロッドの新シリーズのお知らせを少し・・・。
「マスター・スペイ」シリーズがそれ。
先ずは日本のフィールドにおいて使用頻度が高い13’6”、#7/8/9の1モデルだけリリース。
モデル名は「Caliburn(カリバーン)」
アーサー王の剣として有名なエクスカリバーの古称である。
こちらのシリーズは剣に縁のネーミングにしていく予定。
アクションはO-REXの特徴ともいえる、軽く"切れ"が良いモダン・スペイアクション。
ファスト・テーパーでありながら、こちらのモデルは少し曲がりやすい素材を使用しているため、初心者の方でも扱い易いものになっている。
そして通常のスペイキャストはもちろん、シューティングヘッドを使用した、アンダーハンドやスカジット・キャスト、それからオーバーヘッドでも快適に使用できるようにした。

a0021526_23503853.jpg

ブランク・カラーは個性的な「グリン・パール・マイカ」。パール・ラメ入りのグリンである。
最初は"派手"に見えるかもしれないが、慣れてくるとこれがなかなか・・・。光線の具合によっては若葉のような色にも見える。
写真をクリックしていただければ、より良い画質で御覧いただけます。

価格は¥61,950(税込み)。従来シリーズよりもコスト・パフォーマンスに優れている。

なお、この「マスター・スペイ」シリーズの発売に伴い、従来のスペイ・シリーズは「ヴィルトーゾ・スペイ」シリーズとすることに。
こちらのシリーズともどもよろしくお引き立てのほどを。
by hiroshi_okada1 | 2006-08-31 00:05 | O-REX

Spey Event 2006 in Higasihamako

近年、その人口は増加の一途をたどり、すっかり定着した感のあるスペイキャストの競技。
日本国内では現在、ロッド長が16フィートと18フィート以下の2クラスがあるのだが、16フィート以下クラスで51メートル、18フィート以下クラスでは55メートルが現在のところの日本記録である。この記録は世界的に見てもかなりなもの。外国人選手たちも興味津々のようである。

そのスペイキャスト競技の草分け的なイベントである「スペイ・イベントin東山湖」が今年も開催される。
日時は9月24日8:00から(受付7:00)。
競技は例年、シングルハンドのアングラーズクラス競技会も併催していたのだが、競技者人口の増加も手伝い、今年はスペイのみ。日本中から名だたるスペイキャスターたちが集合し、しのぎを削る大会となる。

同時に多くのメーカーがブース展示をするので、日頃なかなか試す機会が無い商品を試すことができる数少ないチャンスである。競技者のみならず、見学に訪れるだけでも充分に価値のあるイベントとなるだろう。

そして主催のJACインストラクターによる「親子つり教室」も併催されるので、ご家族づれで参加されるのもまた良いだろう。

詳しい情報、エントリー方法などはこちらを御覧いただきたい。
by hiroshi_okada1 | 2006-08-27 00:10 | イベント

グレースネット

少し前のことになるが、「グレースネット」の製作者である、平岡勇一氏と知り合いになり、ネットを1本作っていただいた。
a0021526_20355.jpg


氏のネットは、さまざまな銘木を使い、その木肌の特性を生かすために、全てオイル・フィニッシュで仕上げられている。そのため、たいへん"シットリ"と落ち着いた上品な仕上がりとなっている。

フレーム根元、ハンドル部分にはオリジナルの金属製ロゴプレートがはめ込まれている。
今回作っていただいたネットには、それに加え「O-REX」のロゴも刻印していただいた。
a0021526_235977.jpg


ネットの形状、木の種類などはさまざまなバリエーションから選ぶことができ、ネットの色も選ぶことができる。

この「グレースネット」、私どもでも扱いを始めさせて頂くことになったので、ご興味のおありの方は是非お問い合わせを・・・・。
by hiroshi_okada1 | 2006-08-24 02:08 | ネット

カンパーニャ嬬恋「スペイ&プチスペイスクール」

6月の南乗鞍で行われた無印良品キャンプ場の「スペイ&プチ・スペイスクール」が今度は9月2日、群馬県嬬恋村にある「カンパーニャ嬬恋」で行われる。
内容は一般的なスペイキャストはもちろん、#3あるいはそれ以下のロッドを使い、障害物が多い渓流でたいへん効果的な、スペイキャストを応用した投法、「プチ・スペイ」について行う予定。時間があれば最後に実際の釣りもご一緒できればと思っている。
ご自分の道具をお持ちの方も、そうでない方でも大歓迎である。

どこかへ釣りに行かれる途中キャンプがてら、こちらのスクールに参加されるなどと言うのもまた一興かと・・・。
まだ定員に空きがあると思いますので、皆さんのご参加をお待ちしております。
詳しくはこちらを御覧下さい。
http://www.mujioutdoor.net/school/index.html
by hiroshi_okada1 | 2006-08-22 23:54 | スクール

里帰り

毎年お盆には必ず1日か2日程度の里帰りをしているのだが、今年は少し長めの滞在となった。

・・・と言うのは、6年ぶりの中学校の同窓会があったことと、母方の祖母が亡くなり初盆だったためだ。
祖母は享年93歳、無くなる1週間ほどまで元気そのもので、2月に亡くなったのだが、正月の里帰りのときなどもその元気な姿を私に見せてくれていた。そして生前の控えめな性格そのままに、人に迷惑をかけることなく、静かに息を引き取った。
―――私もこんな死に方ができたらどんなに良いことかと思う。

a0021526_2103160.jpg

a0021526_294928.jpg

鐘楼流しの風景。
祖父は私がまだ幼いころ亡くなったのだが(私に釣りを教えてくれたのは、誰あろうこの祖父であった)、その幼いころに見た記憶と比べるとずっと小規模に思える。・・・もっと盛大だったような気がするのだが、これも時代のせいだろうか・・・。
それでも、やはり何か感慨深いものがある。

a0021526_2161513.jpg

同窓会の集合写真。
久しぶりに見た旧友と恩師たち。自然とその当時の"あだ名"で呼び合い昔話と近況を語り合った。
a0021526_2182325.jpg

こちらはそれの2次会風景。
さらにうちとけ、楽しく盛り上がり、夜もふけていく。

今年のお盆は昔ながらの友のこと、親類縁者のこと、そしてそれにまつわるいろいろ・・・久しぶりに思い出し、考えさせられるものとなった。
by hiroshi_okada1 | 2006-08-20 02:24

遠州灘釣り大会

8月6日、名古屋市のフライショップ「ワチェット」さん主催の「遠州灘釣り大会」が行われた。
当日の参加人数は16名。3艘の船に分かれて、最大重量を競う大会となった。

私とトーマス&トーマスの代理店である「Teal」の杉浦雄三さんも、お手伝いで参加した。


今年の遠州灘は水温がなかなか上がらずシイラ、ツナ類は少し遅れているようだが、大会直前から釣れだしたようである。
しかも当日は好天、ベタナギ。・・・期待感はいやがおうにも高まろうというもの。
a0021526_15489.jpg


―――わたしたちの船はといえば、時折大型のシイラを目にするものの、釣れてくるのは1~2キロ程度の"ペンペンシイラ"のみ。走行しているうちに海面にガスが満ちてきた。視界が悪くなり、このままでは危険だということで沿岸部へ移動することに・・・。
a0021526_1293228.jpg


沿岸部ではサバの「ナブラ」がそこかしこに・・・当然船中入れ食い状態。
それまで私はティーザー用のフックなしルアーを投げ、釣れた魚の計量ばかりをしていたのだが、一通り皆さんが釣ったし、サバではこれ以上のサイズアップは見込めないので、私も釣りをさせていただくことに・・・。このとき釣ったサバは持ち帰り翌日しめ鯖、竜田揚げなどで美味しくいただいた。
a0021526_1351670.jpg


サバといえどもなかなかなサイズ。それなりのタックルなら結構楽しめます。
フレッシュ・ウォーターしか経験の無い方は、その引きの強さにきっと驚くはず。
a0021526_138126.jpg


今回の優勝者は女性!杉浦雄三さんの奥さんの「ミーさん」。ほとんどの人が"ペンペン"に苦しむ中、6.5キロ。堂々の優勝である。・・・この人、単なるラッキーじゃありません。いつも寡黙で、控えめに釣りをするにもかかわらず、結構な確立で「大物」を釣り上げます。
その隣いにいる人が今回の優勝した「隆栄丸」の船長。
a0021526_1543468.jpg


今回お世話になった船長三人。・・・お世話になりました。
a0021526_1475296.jpg

by hiroshi_okada1 | 2006-08-08 01:53 | ソルトウォーターFF