excitemusic

岡田的フライフィッシング
by hiroshi_okada1
ICELANDia
カテゴリ
お勧めサイト
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
home design ..
from home design id..
house renova..
from house renovati..
お悩みトラブルなんでも無..
from 総合救済センター
レッドパインドア
from レッドパインドア
スペイキャスト練習会
from FreQent SpeyFi..
Fly Casting ..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
3rd DAY : My..
from Fly Fishing in..
検索
その他のジャンル
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ライン( 14 )

NextCast2014年新製品

a0021526_15482031.png
キャスタビリティに優れたスペイラインとして、人気の高い
ネクストキャストの2014年新製品をホームページにアップしました。

今回アップしたのは4種類
おなじみフォールフェイバリットとウィンターオーソリティの40フィートモデル、
スカジットキャスト対応のThe Winter,
それから、インターチェンジャブルのシンキング・シューティングヘッドのSalar Finderです。

詳しくはホームページをご覧ください。

by hiroshi_okada1 | 2014-01-16 16:01 | ライン

ヴィジョンの新しいライン2種類

フィンランドのフライフィッシング・タックルメーカー、ヴィジョンの新しいラインが2種類入荷しました。

a0021526_0284438.jpg


北欧でも昨今のスウィッチロッドやスカジットのシステムはトレンドのようですね。

もちろん日本でも活躍してくれそうです。

エース・スカジットはT-14のティップが付属したシューティングヘッド・タイプのいわゆるスカジットラインで価格は¥8,925。

エース・スウィッチは10ftのフローティング、インターミディエイト、T-3、3種類のティップが付属したインターチェンジャブル・タイプのシューティングヘッドで価格は¥13,650です。

まずは少量の入荷、ご購入はお早めに、品切れの場合はご容赦を・・・。
by hiroshi_okada1 | 2012-05-30 00:38 | ライン

スカジット・ティップ

近年、日本でも愛用する方も増えている、スカジット・システム。

以前は先端のシンク・ティップの長さを変えるたびに、
全体のヘッド長を合わせるために、中間にフローティングや
インターミディエイトのラインを付け替えていたが、
最近はこの中間部分のラインとティップを、最初から繋げて用意する人も増えている。
メーカーによっては、この手のラインを製品として販売しているところもあるが、
まだ充分対応できていないのが現状。

そこで私のところへ、こんなラインの注文をいただき、作ってみました。

a0021526_15492191.jpg

T-20をベースに、フローティングやインターミディエイトのラインを溶着。
前後にループを取り付けました。
ついでに、どんなラインか分かるようにしてみました。

このラインは名古屋のプロショップ『ワチェット』さんで販売しています。
ご興味ある方はお問い合わせください。

また、この辺りのラインの作り方や使い方などは、
来週末のスクールでご説明するつもりです。
by hiroshi_okada1 | 2012-01-14 15:57 | ライン

NextCast入荷!!

今年はじめごろ、競技用ライン『チャンプ』を発表以来、皆様に高評価をいただいている
『ネクストキャスト』の釣り用ラインが入荷しました。
a0021526_13491826.jpg

FallFavorite45とWinterAuthority55。
フォール・フェイバリット45は45フィート前後のヘッド長を持った、
ショートヘッドのフル・フローティング・ライン。
ウィンター・オーソリティ55は先端より15フィートの位置に
インター・チェンジブル・ループが付けられた、
ショート~ミディアム程度のヘッド長。

a0021526_143101.jpg

早速これらの#7/8を13’6”#7/8/9のO-REXマスタースペイ『カリバーン』にセットして
試してみました。
フォール・フェイバリットは短いヘッド長ながら充分な重量を持っており、
ロッドをロードしやすく、ターンの性能も抜群に良い。
かなり厳しい自然条件の時や、初心者の方にもたいへん使いやすい
のではないかと思います。

ウィンター・オーソリティはターン性能、キャスタビリティはフォール・フェイバリット
と同様にすばらしく、ティップ交換用のループが付いているのが嬉しい。

それから、6月に発売予定の『フォール・フェイバリット70』のサンプルも1本
送られてきたので、そちらも試してみました。
キャストした感じは『チャンプ』をスケール・ダウンしたような感じで、
たいへん安定したループコントロールができ、すばらしい遠投性能でした。
#7/8という番手ながら全長130フィートのラインが短く感じたほど。

今回入荷も極めて少量で、早い者勝ち。
すでに在庫が切れたものも出ています。

ご注文はお早めに!!
by hiroshi_okada1 | 2010-05-17 14:33 | ライン

NextCastニューラインのスペック

5月初旬入荷予定の『NextCast』のニューライン、

『ウィンター・オーソリティ55』と『フォール・フェイバリット45』のスペックが届きました。
先端より15ftのところにインター・チェンジブル・ループ付けられた、『ウィンター・オーソリティ55』はこちら
a0021526_11572082.jpg


そして、フル・フローティングのショートヘッドライン『フォール・フェイバリット45』はこちらです。
a0021526_11574113.jpg


詳細は当ホームページを御覧下さい。

皆様のご予約をお待ちしております。
by HIROSHI_OKADA1 | 2010-04-17 12:01 | ライン

やっと入荷しました。

最初のご案内から数えると数年もたってしまったNextCast。

全面的な製品の手直しのため、しばらく休止状態となっておりましたが、
今年、2010年より本格的に活動再会。

新生NextCastの第1弾がこの度、ようやく入荷しました。
a0021526_22222516.jpg


The Champ。
その名のとおり、Spey-O-Ramaで2008,2009年2連覇を達成した、チャンプ。
サイモン・シェイがデザインした競技用ラインです。

価格は¥18,900。

入荷したばかりですが、すでに残り少なくなっております。

ご希望の方はお早目のご注文をお願いいたします。

詳細はこちらを御覧下さい。
by hiroshi_okada1 | 2010-02-20 22:28 | ライン

日本発上陸のライン

2010年、日本発上陸予定のラインをご紹介します。

1つ目はジム・ティニーデザインによる、ヨーロッパ向けのシューティングヘッド。
もちろんオーバーヘッドはもちろん、アンダー・ハンドなどのスペイ・タイプのキャスティングにも対応します。
ひじょうに扱いやすく、キャスト性能にも優れています。
a0021526_12141346.jpg


そしてもう一つは・・・
以前ご紹介し、たくさんの方々よりお問い合わせをいただいていたものの、再デザインに時間がかかっており、入荷していなかった『NEXTCAST』。

サン・フランシスコ、スペイ・オ・ラマで行われたスペイキャスト・コンペティションにおいて、2008年、2009年連続優勝を果たした『サイモン・シェィ』デザインによるラインです。

a0021526_1220302.jpg

今回入荷予定のラインは、
THE CHAMP: 約87フィートのヘッド長を持つ競技用ライン。
THE NEXTCAST 95: 95フィートヘッドのロングベリー・ライン
Winter Authority 55: 先端より約15ftの位置にインター・チェンジャブル・ループを取り付けた、60フィート前後のミディアム・ヘッドのスペイライン

入荷時期は遅れる可能性もあり、入荷量も極めて少ないと思いますが、ただ今ご予約を承っております。

詳細はこちらを御覧下さい。
by hiroshi_okada1 | 2009-12-18 12:31 | ライン

ラインの熱溶着

以前、ラインの熱溶着を少しご紹介したのだが、その後いろいろな方たちとお会いし、お話をさせていただく中で、ご紹介した溶着方法に多少の誤解をされている方が結構多いように思われたので、あらためてご紹介させていただきます。

その誤解とは・・・

溶着部分の上からカバーしていたのだが、それが溶着時に使ったシュリンク・チューブを取り除かず、そのまま残しているだけと思われていたとうもの。

その方法では、シュリンク・チューブはラインとは溶着されておらず、いずれ剥がれてしまうし、収縮したチューブはラインと比べあまりにも硬すぎる。

私がご紹介したのは
a0021526_0474597.jpg

このように、シュリンク・チューブ内部にフィルム状のスリーブを内蔵したものを使い、それにラインを挿入、過熱する。
すると、内部のスリーブもラインのコーティングと共に溶着されると言うもの。
結果、ライン溶着部分をカバーする形で、ラインと完全に溶着される。

a0021526_05688.jpg


溶着部分は柔軟性もあり、強度、耐久性は通常の熱溶着よりも遥かに優れている。

このたび、このスリーブを内蔵したシュリンク・チューブを私のホームページ上で販売させていただきます。
また、各地のショップでも販売いただけるようにしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

詳しくは
こちらを御覧下さい。
by hiroshi_okada1 | 2008-01-23 01:05 | ライン

熱溶着

最近"ひそかに"話題となっているラインの熱溶着。

私がこの方法をはじめて知ったのは、今年のサン・フランシスコ、スペイオラマでのこと、現地の方たちとの雑談の中で教えていただいた。

はじめ聞いたときはにわかには信じられなかったが、「これは面白そうだ」と、帰国後早速試してみた。

やってみるとなかなかに"熟練"がいるものの、成功すればその出来栄えは「すばらしい」の一言。
ひじょうに滑らかで引張強度も申し分ない。

以来私はこの方法の"とりこ"となってしまい、いろいろなラインで試してみた。
a0021526_1391736.jpg

これはフローティングラインのティップに作った熱溶着ループ。
a0021526_1404542.jpg

同様の方法でライン同士の接続も出来る。
切れてしまったラインの接続や、ラインの改造にも役立つ。
ガイドを通るときの抵抗は全く感じない。

ほとんどのラインでたいへん良い結果であったが、クイックダイバーをはじめとした、モノ・コア タングステン・コートのラインは難しかった。
タングステン・コートは融点が高いらしく、なかなか完全には融着してくれなかったし、そこまで加熱するとコアのナイロンが溶けてしまい、著しく強度が低下してしまう。

いろいろ考え、試した挙句、ふとした思い付きと共にたどり着いた方法がこれである。
a0021526_1384711.jpg

この方法でガイドをスムーズにすり抜ける滑らかさを持ちながら完全な強度を確保することが出来た。耐久性も元のライン以上の耐久性を確保することが出来た。

以来、ブレイデッド・コアのフローティングラインの場合でも、自製のインターチェンジャブル・ループのように強度と耐久性が必要な部分にはこの方法を用いることにした。
a0021526_1542279.jpg


この手法を用いたラインを拙ホームページで販売を始めたので、ご興味がおありの方はこちらも是非御覧下さい。
by hiroshi_okada1 | 2007-11-13 02:03 | ライン

Nextcastというライン・・・その4

そしてこちらが『Nextcast』のもう一つのシリーズ・・・・
a0021526_0295829.gif

ウィンター・オーソリティーというライン。
これは、ティップ部分をシンクティップと交換できるように、ループが取り付けられているモデル。
通常のシングルスペイはもちろん、スナップTやダブルスペイなどのスカジット・スタイルでもよく機能するようにデザインされており、シンクティップを使った場合でも、ロングベリーと同じようなウェッジ・シェイプのループが楽しめます。

このシリーズは、通常のウェイト・フォワード形状のものと、好みのランニングラインを接続して使う、ヘッドのみのモデルがあります。

ライン番手はフル・ラインのモデルは#7/8、#8/9、#9/10、#10/11の4種類、
ヘッド・タイプは#6/7、#7/8、#8/9、#9/10、#10/11の5種類が用意されています。
by hiroshi_okada1 | 2007-07-10 00:44 | ライン