excitemusic

岡田的フライフィッシング
by hiroshi_okada1
ICELANDia
カテゴリ
お勧めサイト
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
home design ..
from home design id..
house renova..
from house renovati..
お悩みトラブルなんでも無..
from 総合救済センター
レッドパインドア
from レッドパインドア
スペイキャスト練習会
from FreQent SpeyFi..
Fly Casting ..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
3rd DAY : My..
from Fly Fishing in..
検索
人気ジャンル
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:スペイキャスト( 14 )

2013年11月スペイ栃木大会

またまたスペイコンペ、栃木大会へ行ってきました。

いつもなら前日入りするところ、今回は当日の朝着くつもりで出かけたものの、
大幅に遅刻。
なんとか参加させていただくことはできましたが、
大会を運営していただいた方々には、たいへんご迷惑をおかけしました。

ともあれ、この日はたいへん良い天気の中、
楽しい大会となりました。

a0021526_23583390.jpg

a0021526_2359746.jpg

a0021526_23594228.jpg



翌日帰路に着いたのですが、
途中、寄り道をしてしまい、
塩尻で以前から行ってみたかったお店の中華そばを…。
a0021526_043631.jpg

煮干し出汁ベースのスープの味付けは、私には「ちょっと甘めかな?」
と思ったものの、基本的にはあっさり目で、私には好み。
チャーシューは自家製のようで、脂っこくなく、これまた私には好み。
ワンタン麺を頼んでいる人も多く、
これも自家製のワンタンで、まるで”肉団子”のような具が入っているワンタンだった。
今度ここに来たら、これを頼んでみよう。
by hiroshi_okada1 | 2013-12-02 00:06 | スペイキャスト

スペイキャスト競技栃木大会2012

11月22日からの連休初日、栃木県の『宇都宮インターレーク』でスペイキャストの競技会があり、
参加してきました。

a0021526_0573967.jpg

当初、天気予報では雨とのことでしたが、何とかもってくれました。

a0021526_125065.jpg

上位入賞者はこちらです。

a0021526_132611.jpg

また、この日はガン治療中のノルウェーのスペイキャスター、Knut Syrstad氏救済のための募金も募られました。
治療費が不足しています。この募金は12月2日の
サンスイトラウトフェスタでも実施されますので、是非皆さんのお力をお貸しください。
by hiroshi_okada1 | 2012-11-26 01:21 | スペイキャスト

アカサカ・カップ2011そして、その後・・・

先日、栃木県の宇都宮インターレークで
やはり栃木県、佐野市の釣具店『アカサカ釣具』さん主催のスペイキャスト競技
『アカサカ・カップ』が開催。

私も参加してきました。

a0021526_17204255.jpg

新しくなったプラットフォームのおかげで、船で上陸しなくても良くなり
なかなか快適。

上位入賞者はこちら
a0021526_17225477.jpg

前列が16フィート、後列は18フィート。


a0021526_17245988.jpg

こちらは前日に食べた『蛙の塩焼き』。
食べつけない私たちには、少々勇気がいるものの、味は淡白でなかなかに美味。

そして、この後私は名古屋へ帰ってきたのだが、

翌日皆さんすでにご存知のように、例の大雨が・・・
幸いにも私が住んでいる場所は高台のため、水害にあわずにすみましたが、
一時は110万人もの避難勧告が出ました(これは名古屋の人口の半数ほどだそうです。)
たくさんの方よりお電話をいただきましたが、とりあえず私は大丈夫です。
この場を借りて、ご連絡します。ありがとうございます。

また、今回の大雨で不幸にも被害にあわれた方々には、
心よりお見舞い申し上げます。

そして、台風は強い勢力のまま、北上するようです。
皆様もくれぐれもご用心ください。
by hiroshi_okada1 | 2011-09-21 17:33 | スペイキャスト

スコット本栖湖スクール

スコット・マッケンジー氏の来日に伴い、栃木、多摩川、本栖湖の3箇所で計5回のスクールが行われた。
私も11月30日の本栖湖スクールに、この日生徒として参加した3名の友人とお邪魔した。

a0021526_0365917.jpg


午前中は湖面より雨混じりの強い風が吹き、岸に沿ってキャストすると右からの風となり、しかも湖面に出来た波により、キャストはたいへん難しい状態となった。
そんな難しいコンディションの中、彼はすばらしいデモも見せてくれた。
a0021526_040465.jpg


a0021526_0415161.jpg


あまりにもコンディションが厳しいので、午後は場所を変えることになった。
移動した場所は風裏になり、ほぼ無風状態で湖面も波立っていない。
そこで、午前中のデモに不満を感じていた彼が再度デモを見せてくれた。
a0021526_0453812.jpg

デモ用に白く塗装した18フィートのロッドで見せてくれたキャストは、さすがスコットと言えるすばらしいものだった。

a0021526_0465930.jpg

友人たちも大満足。

スクール終了後、無理を言って見せてもらったキャストは凄かった。
70メートル巻いてある、エメラルド・ワールドマスター・ラインを全て投げきってしまった。
それも、ただラインが出たというのはなく、最後までループが崩れず、完璧にターンオーバーしての上でであった。
『キャスティング・サイボーグ』と言われる彼の異名は伊達ではない。
「度肝を抜かれた」とはまさにこのことであった。
by hiroshi_okada1 | 2007-12-04 01:03 | スペイキャスト

栃木スペイキャスト・コンペティション2007

先週11月24日、栃木県宇都宮の宇都宮インターレークで行われた、スペイキャストのコンペティションに参加してきた。

今回はスペシャル・ゲストとしてスコットランドはネスのギリーで世界で1,2を争うスペイ・トーナメントキャスターのスコット・マッケンジー氏が来日、競技に参加してくれた。

彼が考案、実践しているキャスティングスタイルは、ひじょうに特徴的で、『ネス・スタイル』と呼ばれており、現代スペイキャスト・トーナメントにおいて多大な影響を与えている。

低いイニシャル・リフトと、それに続く完全に水平で低くスピードのあるスウィング。
水平にストップしたロッドを頭上高くドリフトした後の完璧なタイミングで、上手の押しと下手の引きのバランスの取れたフォワード・ストローク。

外見に現れるスタイルはかなり違うものの、基本的な理論は私が理想とする、サイモン・ゴーズワース氏のものとたいへん似ているように思った。

繰り出されるループは私などとは次元が違うものである。
私がキャストした場合の、ラインの速度が失われ、ループが崩壊あるいはターンが終了する当たりの距離では、彼のラインはまだまだその高度も速度も充分に保たれており、むしろそこからまだ伸びるといった雰囲気である。

私の友人が撮ってくれた、私と彼の写真を見比べてみるとその差に愕然としてしまう。
どちらもほぼ同じ瞬間、ロッドがフル・ロードしたあたりなのだが、ロッドの曲率が全く違う。
a0021526_2533869.jpg
a0021526_2535036.jpg

言うまでもないが、上が私、下がスコットのもの。

今回、あらためて彼のキャスティングを見、話を聞き、私のキャスティングの改善点が少し見えてきたような気がする。

それを実現するためには相当な練習が必要になりそうだが・・・。
by hiroshi_okada1 | 2007-11-29 02:57 | スペイキャスト

スペイキャスト競技会宇都宮

3月4日、栃木県にある宇都宮インターレークにて、第3回栃木スペイキャストコンペティションが行われた。
a0021526_1195730.jpg

今回は30名以上のエントリーがあり、ますますその熱の上がりようを感じた。

当日は天気がひじょうに良く、風の状態は少し"回って"おり、時間とともに向かい風が強めになったため、あまり良いとはいえないものの、前日までの右前方からの強い風に比べれば遥かに良いコンディションと言えた。
a0021526_1251317.jpg

a0021526_1253695.jpg

a0021526_1255317.jpg


上位入賞者
1位(中央) 島田 浩氏(長野県) 記録48メートル
2位(左) 高山 一則氏(栃木県)     48メートル
3位(右) 柿沼 健二氏(栃木県)    46.5メートル
1位と2位は同記録ながら、次長により決定された。
a0021526_1311084.jpg

ちなみに私は45メートルで7位・・・微妙な成績である。
by hiroshi_okada1 | 2007-03-07 01:34 | スペイキャスト

栃木スペイキャスト・コンペティション

11月23日の多摩川につづいて26日、宇都宮インターレークでもスペイキャストのコンペが行われた。昨年、国内で始めて角度変換を義務付けた大会が行われた地である。
今回は角度変換とともに左右のキャストの合計を競うという、一層テクニカルな競技となった。

a0021526_0182517.jpg

競技はこのボートで沖に設置されたプラットフォームへと向かい行われる。
いざ、巌流島へ・・・・。

a0021526_0184821.jpg

プラットフォームは完全に岸と切り離されており、"孤立状態"。
それだけでも結構なプレッシャー。

a0021526_019797.jpg

上位3名。1位は2連覇達成の平林雅信氏、2位は多摩川の優勝者小野雅之氏、3位は多摩川では2位の高山一則氏。
私は惜しくも4位、メダルを逃してしまった・・・クヤシイ!!
by hiroshi_okada1 | 2006-12-05 00:19 | スペイキャスト

多摩川スペイキャスト・コンペティション

11月23日、東京都多摩川でスペイキャストの競技がJACの主催で行われた。

京都に続いて中部地方で行われたイアン・ゴードン氏との合同スクールが終わったその足でイアン氏とともに車で移動、当日の参加となった。
連日の過密スケジュールのため、さすがのイアン氏も少々疲れてはいたものの、日本のスペイ競技を楽しんでいた様子であった。

a0021526_120586.jpg

今回の大会はJCA主催の大会としては初めての角度変換を伴う競技となり、これまで行われていたスイッチキャストのものよりも、よりテクニカルなものとなった。おまけに当日は右からの強風のため、私を含め競技者はなかなの苦戦を強いられた。

a0021526_1235727.jpg

その難しいコンディションの中、50メートルを越えるキャストを見せてくれたキャスターが2人もいたことにイアン氏も驚いていた。1位となった小野雅之さんにはイアンからアイルランドで行われたエメラルド・ワールドマスターに使われたパートリッジ・ラインが商品として提供された。このラインはパートリッジ社の通常商品としての発売の予定はないが、日本向けに近く発売される予定である。ヘッド長95フィート、ヘッド・ウェイト85グラム。コーティングの素材をこれまでと全く違った素材を使い、競技用に特別にデザインされたものである。乞うご期待。
小野さんはこの時、イアンから「このコンディションでこんなに飛ばすのは凄い、私でもこれだけ投げられるかどうか・・・スコット・マッケンジーでもこのコンディションでは60メートルぐらいしか投げられないだろう」と言われ、少なからずショックを受けていた様子であった。

a0021526_1242266.jpg

競技終了後、一人ひとりにイアン氏が丁寧なアドバイスをくれた。

a0021526_1252016.jpg

この日はffメディアも取材に訪れていた、近く画像が公開されるだろう。

a0021526_1253652.jpg

MCは2006年世界選手権のゴールドメダリスト、岩井氏。

a0021526_1255518.jpg

大会後は皆で鍋を囲む・・・「乾杯」!

a0021526_126153.jpg

やっぱり、”一仕事”終えた後は「これ」が一番。
by hiroshi_okada1 | 2006-12-03 01:27 | スペイキャスト

Spey-O-Rama 2006 写真

今年のスペイ・オ・ラマの写真を少しご紹介。
a0021526_0593511.jpg

ネルソン・イシヤマ氏が巻いたスチールヘッドフライ。

a0021526_101956.jpg

そのイシヤマ氏が巻いたフライを、ウィップ・フィニッシャーなどタイイングツールで有名なフランク・マタレリ氏がチェック。右はGGACCの新会長、Matthew Huey氏。

a0021526_175114.jpg

ご存知、スティーブ・レイジェフ氏のツーハンド・トーナメントキャストのデモ。

a0021526_19289.jpg

ポール・D・ミラー氏のスチールヘッド・フライ。・・・デカイです。

a0021526_110958.jpg

コンペティション、予選のリザルト。

a0021526_110443.jpg

そして、こちらがファイナル。

a0021526_1111495.jpg

クラブのマスコット猫、「スタンピー」。

a0021526_1122255.jpg

記念撮影です。後ろ右から2番目と3番目が1位のマリウシュ・ロブロゥスキーとゴードン・アームストロング

なぜこんなにも写真公開が遅くなってしまったのか?
・・・それは私が自分のカメラを紛失してしまったから。
散々写真を撮った挙句の最終日、ふと気が付くとカメラを持っていないことに気が付いた。
どこかにおいてあるだろうと、心当たりを探すも見つからない。
結局いまだに見つからないまま・・・。
同行のT氏から写真を送っていただいて公開している次第。
全くお間抜けな話です。
by hiroshi_okada1 | 2006-05-23 01:17 | スペイキャスト

Spey-O-Rama 2006

5月5~7日、今年もサン・フランシスコのゴールデンゲート・パーク内に有るGGACC(ゴールデンゲート・アングリング&キャスティング・クラブ)所有のキャスティング・プールにおいて、「Jimmy Green International Spey-O-Rama」が行われた。
今年で3回目、私は今回友人Tさんと参加することに・・・。

今年のコンペティションはスカジット・キャストが常勝、スコットランドのネス・スタイルを相手にどこまで通用するのかといったところに関心が高まっていたように思う。事前のプラクティスでは、かなり長めのスカジットラインを使用して156フィートを投げた人がいるということで、興味津々であった。結果は大方の下馬評どおりのGordon Armstrongと驚いたことに一人、地元GGACCのMariusz Wroblewskiがタイで優勝。注目のスカジット・キャストはScott O’Donnellが3位となった。
その他、参加22人中ファイナルに残った1位から10位までの順位、ポイントは以下のとおり。

Tie 1 Mariusz Wroblewski: 142, 131, 143, 135, total 551
Tie 1 Gordon Armstrong: 125, 150, 141, 135, total 551
3 Scott O'Donnell: 124, 137, 130, 137, total 528
4 Simon Hsieh: 127, 135, 128, 135, total 525
5 Frank Chen: 112, 131, 122, 131, total 496
6 Doug Duncan: 125, 128, 113, 128, total 494
7 James Chalmers: 108, 142, 114, 127, total 491
8 Knut Syrstad: 91, 133, 126, 130, total 480
9 Stener Skogmo: 104, 131, 120, 103, total 458
10 Michael Stanley: 108, 122, 105, 112, total 447

Women
1 Donna O'Sullivan: 88, 62, 83, 95, total 328
私はといえば、惜しいことに11位でぎりぎりファイナルを戦うことができなかった。
・・・残念!!
by hiroshi_okada1 | 2006-05-15 01:47 | スペイキャスト