「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

岡田的フライフィッシング
by hiroshi_okada1
ICELANDia
カテゴリ
お勧めサイト
お気に入りブログ
最新のトラックバック
http://www.v..
from http://www.val..
home design ..
from home design id..
house renova..
from house renovati..
お悩みトラブルなんでも無..
from 総合救済センター
レッドパインドア
from レッドパインドア
スペイキャスト練習会
from FreQent SpeyFi..
Fly Casting ..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
リベンジなるか!SWFF..
from Go easy ! St..
3rd DAY : My..
from Fly Fishing in..
検索
人気ジャンル
以前の記事
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ソルトウォーターFF( 6 )

何故か投稿出来ず…

私の携帯からも、PCからも、なぜかうまくアップできず、すっかりご無沙汰してしまいました…。

そんなわけで、チョット古い話題がしばらく続きます…emoticon-0107-sweating.gif

a0021526_23343928.jpg

先ずは今年初めてのサーフから…

この日は、鰹のナブラが結構立っており、良い感じ。

でも、何故か私のフライは咥えてはくれず…。
a0021526_23344024.jpg

その代わり、こんな"珍しい"魚が…。
『ツバメコノシロ』。別名『カオナシ』…じゃなかった、『アゴナシ』。
私としては、釣るのはもちろん、見るのも初めて…"うわさ"には聞いていたんですけどね…。

それからこれまで、私はサーフで釣りをする時、11フィートのツーハンドロッド『シークルセイダー』を使っていたんですが、今回は試しにもっと長い、16フィートの『アクィーラ』を使って見ました。

結果、ヘビーサーフではこの方が使いやすいかも…。
by hiroshi_okada1 | 2013-11-28 17:44 | ソルトウォーターFF

遠州灘釣り大会

8月6日、名古屋市のフライショップ「ワチェット」さん主催の「遠州灘釣り大会」が行われた。
当日の参加人数は16名。3艘の船に分かれて、最大重量を競う大会となった。

私とトーマス&トーマスの代理店である「Teal」の杉浦雄三さんも、お手伝いで参加した。


今年の遠州灘は水温がなかなか上がらずシイラ、ツナ類は少し遅れているようだが、大会直前から釣れだしたようである。
しかも当日は好天、ベタナギ。・・・期待感はいやがおうにも高まろうというもの。
a0021526_15489.jpg


―――わたしたちの船はといえば、時折大型のシイラを目にするものの、釣れてくるのは1~2キロ程度の"ペンペンシイラ"のみ。走行しているうちに海面にガスが満ちてきた。視界が悪くなり、このままでは危険だということで沿岸部へ移動することに・・・。
a0021526_1293228.jpg


沿岸部ではサバの「ナブラ」がそこかしこに・・・当然船中入れ食い状態。
それまで私はティーザー用のフックなしルアーを投げ、釣れた魚の計量ばかりをしていたのだが、一通り皆さんが釣ったし、サバではこれ以上のサイズアップは見込めないので、私も釣りをさせていただくことに・・・。このとき釣ったサバは持ち帰り翌日しめ鯖、竜田揚げなどで美味しくいただいた。
a0021526_1351670.jpg


サバといえどもなかなかなサイズ。それなりのタックルなら結構楽しめます。
フレッシュ・ウォーターしか経験の無い方は、その引きの強さにきっと驚くはず。
a0021526_138126.jpg


今回の優勝者は女性!杉浦雄三さんの奥さんの「ミーさん」。ほとんどの人が"ペンペン"に苦しむ中、6.5キロ。堂々の優勝である。・・・この人、単なるラッキーじゃありません。いつも寡黙で、控えめに釣りをするにもかかわらず、結構な確立で「大物」を釣り上げます。
その隣いにいる人が今回の優勝した「隆栄丸」の船長。
a0021526_1543468.jpg


今回お世話になった船長三人。・・・お世話になりました。
a0021526_1475296.jpg

by hiroshi_okada1 | 2006-08-08 01:53 | ソルトウォーターFF

ある日の尾鷲

先日久しぶりに三重県尾鷲へメッキを釣りに行ってきた。

皆がシングルハンド・ロッドを使うなか、私はここでもスペイロッドを持ち出した。
最近私はこういった海のショア・フィッシングでのスペイロッドの可能性を模索しているのだが、これが結構、なかなか、調子が良い。
具体的な使用方法は・・・、
―――もう少し自分の中で"こなれて"きてから、いづれご紹介したいと思う。

a0021526_2340934.jpg

この日は、「Circus(シルカス)」12フィート#6/7のロッドにシューティングヘッドを組み合わせて使用した。このぐらいのタックルなら、小型のメッキが掛かっても結構楽しめる。

a0021526_23404465.jpg

これはグッドサイズのコトヒキ

日が暮れてきて、メッキの当たりも遠のいたし、そろそろ帰ろうか?と皆が思い出したとき、同行の杉浦雄三氏にアタリが・・・。
ロッドを見ると結構曲がっている。「結構いいサイズかも?」と思い、「これはバラさないでね」と声をかけると、本人もそれを感じているようで、「ティペット、3xなんかにするんじゃなかった」などといいながら、結構慎重気味。
なかなか姿を見せない魚に対して皆がいろいろ想像する・・・。
すったもんだの末、波打ち際でかなり大きめの飛沫が上がる。
「シーバスだ!」誰かが叫ぶ。
なんだそうかと近くで見守っていると魚が姿を見せた。
なんだか平べったい。
「でかいメッキだ!」僕が言う。
皆が色めき立ち、さらに近寄り魚を見る。
するとなんと・・・
写真のように、かなり良型の黒鯛だった。
---これだから海の釣りはやめられない。
a0021526_23414677.jpg

by hiroshi_okada1 | 2005-11-24 23:56 | ソルトウォーターFF

遠州灘釣行その2

9月14日。再び遠州灘へ行く。
30~50キロクラスのキハダは釣れなくなってしまったようだが、
カツオは10キロクラスが釣れているとのこと。
今度こそはと胸を膨らませての釣行。
港に着いてみると、風が少し強い。波も少々あるようだ。・・・少し不安。
船長曰く、「3日前は絶好調だったんだけど、このところ口を使わなくなってきている」
うーん。ますます不安。

結果、時折10キロクラスのカツオやキハダの“跳ね”は見るものの風が強く、水温も少し下がったためか、活性が低いようだ。ベイト・ボールもできていないので、船が近づくとすぐに“下って”しまう。まったくストライクがないまま無常に時が過ぎていく。これまで釣れたのはあまり大きいとはいえないシイラが数匹のみ。『今日はもう駄目か?』と思っていたところ、同行のS氏が僕の横で船が動き始めるのにあわせてフライを流し始めた『それもさっきからやっているんだけどなぁ・・・』と思いながら眺めていると「来た!!」と叫ぶので、『またぁ・・・』と半信半疑でロッドを見ると確かに何かかかっているようだ。しかし直ぐにばれてしまった。正確にはライン・ブレイクだった。しかしライン・ブレイクするほどの引きではなかったようだがと思いリーダーを見てみるとショック・ティペットがカッターで切ったような切り口で切れていた。その後同じことが数回繰り返された。『これはもう間違いない、オキザワラだ、しかもかなりの群れでいるようだ』と2人であわててリーダーにワイアを付け、流すことに・・・。それが功を征しそれを釣ることができた。サイズは2.5キロほど。その後6人中4人がこれを釣ることができた。もう少し早く釣れ始めていたら全員釣ることができたかも知れなかったのに・・・。

期待した10キロ・カツオを釣ることはできなかったが、今まで釣りたくてもなかなか釣ることができなかったこの魚を釣ることができたのは、自分としてはまずまず。今度はもう少し大きいのを釣りたいなぁ・・・。
a0021526_262842.jpg

by hiroshi_okada1 | 2004-09-16 02:06 | ソルトウォーターFF

遠州灘釣行

21日、行ってきました。
遠州灘。あわよくば30キロオーバーのキハダと・・・?
と期待していたのですが・・・。
海はやや荒れぎみ。風は強く、飛沫をたっぷり浴びながら鳥山を追いかけたのですが・・・。
結果はまったくダメ。ただ、同行の一人が唯一掛けることができ、ファイトに持ち込むことが出来きました。しかし・・・首に下げていたラニャードがリールにまきつき無念のラインブレーク。
うなだれて港に帰ると別の船ではルアーで10キロもあるカツオが釣れたとの事。
それがこの写真。

・・・リベンジせねば・・・。
a0021526_2451726.jpg

by hiroshi_okada1 | 2004-08-23 02:46 | ソルトウォーターFF

遠州灘のマグロ

a0021526_1493822.jpg

最近遠州灘でキハダマグロが好調のようである。
お盆に入ってからルアーでは30~40キロ前後のものが連日釣れている。
中には50キロを超えるものも上がっている。こんな事は僕が知る限りではかつて無かった。
ちょうど21日に仲間と船を出そうとしていた矢先にこの情報が入ってきた。
フライ・タックルにこのサイズのキハダが掛かったら果たしてキャッチできるのかどうか定かではないが、なんだか期待してしまう。・・・でも、掛かっちゃったらどうなるんだろう?
写真は豊橋の知り合いがルアーで釣った35キロ。
by hiroshi_okada1 | 2004-08-19 02:03 | ソルトウォーターFF